忍者ブログ

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新コメント

[06/04 りりん]
[06/02 ねさま]
[05/02 りりん]
[04/30 ねさま]
[04/06 りりん]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
ririn
性別:
女性

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

(09/26)
(09/26)
(09/27)
(09/28)
(09/29)

P R

カウンター

フリーエリア

[7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1

動悸と息切れ

1月末から、パートをしていた工場で行われた健康診断で、
腎臓と、心肥大と言う診断をくだされました。
腎臓内科へ診察に来てくださいとあったのですが、危機感のなさと面倒臭いなあと言うのとで、
検査に行こうとは思わずでした。
当然、心肥大なんて言葉も、大して気にはしなかった。ピンとこなかったのです。

が、6月くらいから、しんどさが酷くなった。
元々、動悸とか息切れとか、それはあった。でも、煙草を吸っているから、そのせいだと思っていた。
咳もずっと止まらなかった。
咳に関しては、何度か病院に行って、MRIにも入ったけれど、肺は綺麗だと言われ、安心してた。

その咳も、7月くらいには、今までとちょっと違う咳になった。上手く言えないけど、違う咳。
同期の人達が「病院に行き」と言うので、後押しされるような感じで、近くの病院へ行ったら、
思いもよらず…心臓に不具合…。

エコー検査で、血液が逆流する画像を見せて頂きました。
それと、自分の心臓のへんてこな音。
逆流を防ぐ弁が、その役目をちゃんと果たしていないそうで。
結構な逆流ですよと。
正直、耳を疑い、先生を見る目は、きょとん・・・ですわ。
手術とか、そう言う話もあると思うからと、専門の病院へ紹介状を書いてくれ、予約してくれた。
冗談じゃなく、
私の心臓は、なんだか悪いんだ。

旦那に話す時、涙が出て仕方がなかった。その時点では、はっきりしてなかったし、
死ぬわけじゃないけど、心臓の手術…と言う言葉だけで、とてつもなく恐い事のように思えた。

専門の病院での検診の日。沢山待った後で、循環器外科の先生が、聴診器で音を聞いて、
前の病院の画像とかから、
「はっきり言って、重症ですよ。買い物にも行って欲しくないですね。今までしんどかったはずです。」
そして、すぐ入院、一週間後くらいには手術と言われた。
早すぎて、頭が真っ白になった。
旦那が「すぐには決められないし、他の所へも行ってみたい。」と言った。
先生は「いいですよ。でも、何処へ行っても同じですよ。薬で治るものじゃないから。」と言いながら、
旦那が口にした病院の循環器内科へ紹介状を書いてくださった。

そして、二番目に診察に行った病院で、8月23日、検査のため、入院。
 

拍手

PR

Comment
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
非公開コメント
Trackback
この記事にトラックバックする:

忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne